本当に彼でいいの…? 東日本大震災後 彼との将来を慎重に考える

本当に彼でいいのか。
恋は盲目である。

恋した相手だと、惚れた弱みでいろんなことを許せてしまうし、都合の悪いことや信じたくないことには目を背けるものだ。
しかし、将来を共に生きる相手は、「恋」より先に進んだ「愛」や「信頼」が必要となる。
この先、何十年も、お互いを思いやりながら生活できるかが問われる。
付き合っている恋人なら一見、それが当たり前の様に感じるかもしれないが、
本当にそうか? 自分も、相手も。
疑問に思ったことが一つでもあれば、目を背けずに慎重に考えてみる必要がある。

私は彼のことは大好きだったけど、将来の相手が本当に彼でいいのか疑問に思う出来事があった。
私の場合、あの時の恋人は、確かに私との将来をある程度は考えてくれていたと思う。
でも、東日本大震災の直後に会った時、別に傷付いた訳ではないが、彼の何気ない一言が忘れられなかった。

私が彼に、こんな話をした時だった。
「震災から一週間くらい経ってやっと学校に行ける様になって、研究室の技術員のおじさんと久しぶりに話したよ。その時にね、おじさんが、『まぁ、自然災害で死ぬなら、みんな一緒だからまだ幸せだよ。他の原因で一人で死ぬのは心細いけど。』って、言ってたの。うーん…みんな一緒でも死ぬのは嫌だけど、もし、みんなが死んじゃうなら自分だけ生き残っても嫌だからね…」

彼がその直後に何て言っていたかは、よく覚えていない。
しかし、ある程度、会話が進んだ後に、彼は話を巻き戻してこんな事を言った。
「でも俺…もし自分一人でも生き残れる方法があるなら、そっち選ぶと思う。」

どこまで本気で言ったのかは、わからない。
あと、本当にそういう状況になるまで、人の本性はわからないものだ。
でも、私は、例えば自分の母親の命が誰かに脅かされたら、自分を犠牲にしてでも、相手を殺してでも母親を守るつもりでいる。
もし、結婚して夫や子供ができたら、その人達も親と同じ様に守るべきものになる。
ところが、命を懸けて守ろうとした夫が、自分や子供を見捨てて逃げてしまったら…
それは非常に悲しい。
そうならないために、彼に守りたいと思われるくらい愛される私になろう、とその時は思った。

同時に、本当に彼でいいのかな…?という疑問も少し出てきた。

もう一つ、ブログ始めました。(名前は変えてます。)
「ピコのみんな幸せ日記」
http://fanblogs.jp/pico7pico/



自信がグングンよみがえる!バイタルアンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする