彼氏じゃない人と過ごしたクリスマス

彼氏じゃないけど傍に居てほしい人

非常に自分勝手な話だが
大学の先輩で、恋人になりたくはないが離れないで居てほしい人がいた。

二人で花火に行ったりして、出かけた時に江ノ島で告白された。
恋人がいるからって言って断ったけど、その先輩は学内では数少ない私の居場所で、失いたくはなかった。
その後、長期的にその人の心を縛ってしまった。
友達ともちょっと違うので、「ペット」とか「兄妹みたいな関係」と言葉では片付けていたが、お互いの認識がどうしても合致しないことに気づいたのは、ずっと後のことだった。
もし、私に恋人がいなかったら恋愛感情を持っていたのかどうかは、未だにわからない。

彼氏じゃない人と過ごしたクリスマス

人生初の恋人ができて最初のクリスマスは、複雑な気分だった。
彼は浪人生だったので、クリスマスはイヴも当日も集中講義が入ってしまった。
その分、クリスマス数日前にデートしたし、当日に会えないのは仕方がないんだけど、私は25日に彼氏じゃない男性と二人で遊びに行ってしまったのだ。

別に恋愛感情は持っておらず、自分では浮気のつもりはなかった。
でも、その男性は、夏に江ノ島で告白されて断った先輩だったので、クリスマスの誘いをOKしたことで、私に対する期待を持たせる結果になってしまったのである。
「彼氏がいるから」って一度断ったら、相手は恋人になることを諦めてくれたのだろうと思って安心しきっていた。
バカだけれども、当時19歳の私は本当にそう思っていた。
23日に届いた先輩からのメールで、「クリスマス、出かけた後は家に来ないかい?」と誘われた時に、初めて気が付いた。
「家にお邪魔するのは、彼氏がいるので…」と断った後、メールで一悶着あった。
24日はバイトがあり、なかなかメールに返信できなかったので、先輩は私のバイト先までおしかけてきた。
サンタのトンガリ帽子を被ってレジ打ちをしていた私は、びっくらこいた。

バイトが終わった後、バイト先の隣のファミレスで先輩と話し合った。
先輩に勘違いをさせてしまったことを謝り、恋人にはなれないことを話したが、とりあえずクリスマスは既に約束しているので、出かけることで意見が一致した。

先輩には、彼氏の話はそこまで沢山していなかった。
でも、過去に私が少し彼の話をした時、先輩は「恐らく、彼氏はRiaと本気で付き合う気はないんだ」と思ったらしい。
確かに、遠距離恋愛でもないのにデートの頻度が少ないと、そう思う人は多いみたいだ。
「私がもっと会いたいって言えば、会ってくれると思います。」
って言っても、先輩は納得しなかった。
ていうか、受験生相手にもっと会いたいなんて、私は言えなかった。

彼氏じゃない人とのクリスマスデート

先輩が、クリスマスプレゼントをくれた。
香水と、紅茶セット。
オシャレなプレゼントは素直に嬉しかったが、同時に、何故彼氏からはクリスマスプレゼントがもらえず、彼氏じゃない男性から素敵なプレゼントをもらっているのだろうと複雑な気分になった。

クリスマスは、恋人達が多く集まるデートスポットを先輩と歩いた。
スワロフスキーみたいな綺麗なネックレスを先輩が欲しがったので、プレゼントした。
誰が自分のサンタクロースなのか、よくわからなくなっていた。

初めての恋人と付き合い始めたのは、もう10年くらい前。
今は別の恋人が居て、元彼のことは好きではないので、冷静に考えることができる。
あの時、満たされていなかったのだと。
大好きな人とやっと恋人になれたから、満足しているつもりでいただけ。
しかも、他の人に告白された時にその人の心を繋ぎとめられるとは思っていなくて、軽弾みな行動に出てしまった。
「振った人と連絡をとってはいけない」ということを、今ではわかっているが、当時は知らなかった。
男女関係も含めて、いろんな面で、大学生になってから初めて社会勉強をしたことがいっぱいあった。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. loveko より:

    スワロフスキーのネックレスって、かなり高価ですよね…!
    恋人以外にプレゼントできちゃうのはすごいです(^^)

  2. Ria より:

    LOVEKOさん☆
    コメントありがとうございます!嬉しいです(*^-^*)
    本物のスワロフスキーだったかはっきり覚えてないのですが、スワロフスキーみたいにキラキラしてて、かなり綺麗なネックレスでした☆
    先輩には私も良い物もらったので、せめてもの罪滅ぼしです(^^;