パンツ脱いでいい? 母が見た私の恋人の夢

寝ている時に見る夢は、重要なメッセージと言うが。
不思議なことが起きた。
ある日、母が夢を見たことを私に報告してきた。

夢の内容は、こうだった。
私が予備校の様な場所で男の子に会いに行っていて、壁で仕切られて中が見えない所に入って行った。
そして、中から、「パンツ脱いでいい?」と母に訊ねたという。
母が止めようとすると、中から何かが転がってきて、転がってきた物から浦島太郎の玉手箱の様に煙が出てきて、何も見えなくなってしまったそうだ。

母には、私が恋をしていることも、恋人がいることも話していなかった。
唯一、話したのは、高校時代に「私と同じ大学を志望してる、同じ委員会の○○くんっていう子がいる」って言ったくらい。
でも、そういえば前にテレビでたまたま彼と同姓同名の人が出てきた時も、母は反応していたなぁ…。
私はあまり恋のことを人に話さなかった。
親に恋のことを話すのは、なおさら恥ずかしい。
だから、「母と女同士の話をする」女の子や、恋バナに華が咲く集団を見ると楽しそうで、羨ましく思うこともあった。

あれから10年近く経った今なら、前より普通に恋の話をすることができる。
恋人の存在は誇りだし、何も話さないのはかえって失礼な様な気もするから。

それにしても、「パンツ脱いでいい?」って…w

もう一つ、ブログ始めました。(名前は変えてます。)
「ピコのみんな幸せ日記」
http://fanblogs.jp/pico7pico/
自信がグングンよみがえる!バイタルアンサー



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする