久しぶりに浴衣デートしたい願望が叶った! 恋人と47回目のデート

前回のデートから、一週間後。
恋人の大学の近くまで一緒に行った後、新宿のお店を見てまわった。

まだぎりぎり夏だったので、その日は花火もお祭りも何も特別なイベントはなかったけど、私だけ浴衣を着てデートに行くことにした。
付き合って2年目の夏までは、彼と一緒に花火を観に行って、浴衣デートをしていた。
でも、彼は人混みが苦手な人だったので、花火やお祭り等の夏のイベントはストレスがかかってしまう。
だから、付き合って3年目以降は暫くは浴衣デートを我慢していたけど、実はずっと浴衣デートしたいと思っていた。

花火やお祭じゃなくても浴衣デートはできる

そこで!もう花火とか夏祭とか関係なく、私はデートで浴衣を着ることに決めた。
彼を苦しめずに、でも浴衣デートしたい願望には正直になろうとした。
二人で気ままに歩ける場所で浴衣を着るなら、彼に余計なストレスをかけず、私も「好きな人と浴衣デートしたい」夢が叶ったので、一石二鳥だった(笑)

でも、久しぶりに私の浴衣姿を見たデートの時の彼の反応は…いつもとそんなに変わらなかった(笑)
彼よりも、彼と一緒に歩いている時に道ですれ違った男性達の方が、チラチラこちらを見ていた。

世の中には、女性の浴衣に色気を感じる男性と感じない男性がいるらしいけど、恐らく彼は後者の方なのだろうとその時に悟り、それ以降は、無理に浴衣デートしたい気持ちがなくなった。

でも、デートの後のメールに「なんだか新婚ぽい気分が味わえた」と書いてあったので、嬉しかった。
何をしている時に新婚ぽい気分になったのかは、はっきりわからないけど、新宿のお店で生活用品を一緒に見ていたからかもしれない。

あと、彼が大学で就活関係の用事を済ませている間、大学の近くのカフェでココアを飲みながら待っていたり…好きな人が相手だと、何をしていても幸せだし、食べる物や飲み物も格別に美味しく感じた。









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする