恋人じゃないけど傍に居てほしい人

非常に自分勝手な話だが
大学の先輩で、恋人になりたくはないが離れないで居てほしい人がいた。

二人で花火に行ったりして、出かけた時に江ノ島で告白された。
恋人がいるからって言って断ったけど、その先輩は学内では数少ない私の居場所で、失いたくはなかった。
その後、長期的にその人の心を縛ってしまった。
友達ともちょっと違うので、「ペット」とか「兄妹みたいな関係」と言葉では片付けていたが、お互いの認識がどうしても合致しないことに気づいたのは、ずっと後のことだった。
もし、私に恋人がいなかったら恋愛感情を持っていたのかどうかは、未だにわからない。

初めての恋人と付き合い始めたのは、もう10年くらい前。
今は別の恋人が居て、元彼のことは好きではないので、冷静に考えることができる。
あの時、満たされていなかったのだと。
大好きな人とやっと恋人になれたから、満足しているつもりでいただけ。
しかも、他の人に告白された時にその人の心を繋ぎとめられるとは思っていなくて、軽弾みな行動に出てしまった。
「振った人と連絡をとってはいけない」ということを、今ではわかっているが、当時は知らなかった。
男女関係も含めて、いろんな面で、大学生になってから初めて社会勉強をしたことがいっぱいあった。

自信がグングンよみがえる!バイタルアンサー



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする