ドキドキ=恋??

何故か彼と二人っきりで長時間過ごすことになった委員会の日は、結局、最後まで委員長が来なかった。
後から聞いた話によると、忘れていたらしい。
因みに、私達は放送委員だったのだが、全校の放送委員の中でどのクラスがどの行事で仕事をするかは、最初の会議で決まっていた。
私達の放送委員としての仕事は、年に一回しかない。(ちょー楽w)
その年は、体育祭の日だけが勤務日だった。
最初に放送委員を選んだのは、昔から声優さんに憧れていた影響で、なんとなく声を使う仕事がしたかったのと、できるだけ仕事量が少ない方が良かったから。
でも、彼と二人っきりで長時間過ごしたその日以来、仕事量が少ないことを残念に思った。
当時の私は人と話すことが苦手で、委員会の仕事でもないと、何を話しかければ良いかわからなかったのだ。

明らかに、彼のことを意識していた。
毎日ドキドキして、次に彼と話せる体育祭の日が楽しみで仕方なかった。
ただ、人と話すことが苦手だとドキドキすることはしょっちゅうあるので、そのドキドキが恋なのか、最初は慎重に考えていた。
自分の気持ちが恋だと確定させるまでに、時間がかかった。
恋じゃないのに、話す時に緊張していると、相手に「俺のこと好きなの?」と思われてしまうことは過去にあった。
それは結構辛い。
でも、ドキドキの原因が恋であれば、相手に意識されることは逆に嬉しくなる。

自信がグングンよみがえる!バイタルアンサー



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする